GPS利用ストーカー、法改正の要否検討へ 最高裁判決受け・警察庁

久しぶりの投稿です。

以下の様な記事があったのでご紹介します。



被害者の車に全地球測位システム(GPS)を取り付けて遠隔で監視する行為は、ストーカー規制法が禁じる「見張り」には当たらないとする最高裁判決を受け、警察庁は8日、法改正の必要性などを議論する有識者検討会を開催することを決めた。  


9日に初会合を開き、来年1月末までに4回程度開催して報告書を取りまとめる。  


委員には、同法が制定される契機となった1999年の埼玉県桶川市のストーカー事件で娘を殺害された猪野憲一さんや、被害者支援などを行うNPO「ヒューマニティ」の小早川明子理事長、大学教授ら6人が就く。  

安価で小型のGPS機器の普及に伴い、加害者が被害者の車などにひそかに取り付け、位置情報を取得してつきまとうなどのストーカー行為が行われるようになった。  


警察は、GPSを使って被害者の行動を把握する行為を、ストーカー規制法が禁止する「住居などの付近における見張り」に当たると判断。2014年~20年6月に計59件検挙した。  


しかし、最高裁は7月、刑事事件の上告審判決で、「離れた場所でGPS機器を使って位置情報を取得することは、見張りに当たらない」との初判断を示した。  


判決により、警察はGPSによる遠隔での行動監視をストーカー規制法違反で摘発できなくなった。専門家からは「位置情報が分かるのは被害者にとって危険で、処罰できるよう法改正が必要だ」という声が上がっていた。




相手の位置情報が分かると、監視がおこない易く、後追い、先回りが可能になり、様々な犯罪計画が立てやすくなります。

よって犯意者が対象車両にGPSを使用するのは、常套手段です。


7月に最高裁でこの様な判決が出ていた事を、恥ずかしながら知りませんでしたが、

被害者側や護る側からすれば、残念な判決ですね。


7回の閲覧
電話番号
​メール
​お問い合わせ時間

​年中無休

電話:7:30~23:00

メール:24時間受付

      ※受付後24時間以内に返信

神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢中町6-14-401

  • Twitter

© 2019  SIJ探偵事務所 

神奈川・横浜・東京・全国対応