Stalker image_ A man chasing a woman.jpg

トラブル対策調査

​様々なトラブル事案に対する調査を実施致します。

 

ストーカー対策調査

ストーカー行為とは恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、特定の相手又はその家族に対し「つきまとい等」を繰り返す行為で、「つきまとい等」とは、以下の8つの行為になります。(詳細は警視庁のHP参照)

 

 

「つきまとい等」

ア) つきまとい・待ち伏せ・押し掛け・うろつき等

イ) 監視していると告げる行為

ウ) 面会や交際の要求

エ) 乱暴な言動

オ) 無言電話・拒否後の連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNSメッセージ・文書等

カ) 汚物等の送付

キ) 名誉を傷つける

​ク) 性的羞恥心の侵害

弊所では、上記の「つきまとい等」と「ストーカー行為」の証拠を収集する為の調査、並びにご自宅等の防犯コンサルティングを含めた様々な対策を実施致します。

 

また、ストーカー規制法が制定される基となった事件である、桶川ストーカー殺人事件や逗子ストーカー殺人事件等の様に、ストーカーが複数人の場合や凶行に及ぶ可能性がある場合、提携先のボディーガード会社より身辺警護員を派遣する事も可能です。

監視(張り込み・待ち伏せ・尾行等)されている方、もしくは監視されている気がする場合に、監視者の有無を確認し、発見した場合、監視している人物をこちらが逆に監視することで、人物の特定等をおこなう調査となります。

​また、犯罪予防としても活用可能な調査サービスです。

※下記は実施した事例

競合会社からの依頼で動いていたと推測される調査員を確認

企業機密案件に関わっている社員を監視している人物の調査(対工作)

貴重品を所持した依頼者の出発時、運搬中、到着地で不審者(車)、不審物の割り出し

自宅等に嫌がらせをし、周辺で監視していた人物の調査

車両に設置されたGPS機器を発見した為、設置した人物の特定

監視されている人物を別車両にて尾行車(者)のチェック、並びに訪問先に先回りし不審者(車)のチェックを実施。

対監視調査

自宅・店舗監視調査

自宅や店舗に対する侵入や嫌がらせがあった場合の証拠撮りや、犯人を特定する為の調査となります。

 

外出時に自宅内の物が無くなっていたり、動いている気がする場合

自宅への物の投げ込み、落書き、車両に対する嫌がらせ等を受けている場合

​☑その他

The concept of a case investigation by evidence and fingerprint._edited.jpg